退魔士サヤ総集編

  • URLをコピーしました!

2024年01月中旬発売、クリムゾン様制作の『退魔士サヤ総集編』の最新作品ダウンロード情報をお届け!!

お気に入り登録者数65人

評価:4.5

『退魔士サヤ総集編』の画像

作品の概要

◆クリムゾン最新作購入キャンペーン開催中◆

02/18までに「退魔士サヤ総集編」を購入していただいた方全員に

【クリムゾン妖魔大戦】で妖魔大戦ガチャチケット1枚がもらえるシリアルコードを配布するキャンペーンが開催中です。

ゲーム本編はこちら!

【シリアルコード配布期間】

3月下旬から順次配布予定

※シリアルコードはご購入いただいたアカウントのメールアドレスにお送りさせていただきます。

※シリアルコードの配布に関するご質問は「FANZA 同人」へお問い合わせください

***************************************************************************

退魔士サヤシリーズ5作品に加え、退魔士カグヤに登場しているサヤのストーリーを

編集しダイジェストにした特別版を収録した総集編。

■退魔士サヤ【ダイジェスト】

サヤ初登場(退魔士カグヤシリーズ)から退魔士サヤに繋がるまでのストーリーを

編集しダイジェストとして収録

■退魔士サヤ

妖魔アジトへの大規模襲撃戦で妖魔の卑劣な罠にはまり、

部下の前で辱めを受けるという失態を晒してしまった天花寺サヤは

屈辱を晴らすため妖魔『ジョジョウ』の居場所を突き止め襲撃を敢行したのだが――。

■退魔士サヤ2

妖魔に魔力の根幹である霊源を吸収され能力を奪われてしまった天花寺サヤ。

カラダを弄ばれ絶体絶命に陥った彼女を救ったのは敵である妖魔幹部『宝来ジュエ』だった…。

■退魔士サヤ3

霊源を取り戻すため妖魔幹部『宝来ジュエ』の提案を受け入れた天花寺サヤ。

その方法とは救出の際の成り行きでサヤの霊源を得てしまった部下と交わり

サヤの体内へ精液を注ぎ込むことだった…。

■退魔士サヤ4

霊源を取り戻すため部下に身を捧げ続ける天花寺サヤ。

どうにか耐え続けていたのだが、部下の行為はエスカレートしていき…。

■退魔士サヤFINAL

天花寺サヤが行方不明になってから一ヶ月。

一緒に行方不明になった部下が仲間の元に戻り、ある場所へ仲間を案内すると

そこには手足を縛られ膣内にバイブを挿入されている天花寺サヤが拘束されていた…。

・5作品とも作品の内容は変わっておりません。

・退魔士サヤ総集編には漫画【JPG】版のみが収録されています。

PDFとボイスコミックは収録されておりません。

Fanza様より引用

作品詳細情報

同人サークル名クリムゾン
サークルファン数6,936
作品合計販売数
シリーズ退魔士サヤ
価格2,200円
クーポンあり価格
ページ数364ページ
ジャンル 辱め 中出し フェラ ベスト・総集編 お尻・ヒップ 戦士 妖怪 男性向け 成人向け 連続絶頂 予告作品
配信開始日2024年01月中旬
ファイル容量
題材オリジナル
利用期限
無期限
品番

記載されている内容は記事作成時です。現在とは内容が異なる場合がございます。価格などの情報は特に変更されることが多いため、ご購入される場合はご注意ください。

作品以外のおすすめ同人作品

『退魔士サヤ総集編』を見た人はこちらの作品も楽しんでいます。

まんきつQUIZ

[random_quiz]

問題の答えはこちら

作品に関するその他の情報

退魔士サヤ総集編』は購入すべき作品ですか?

作品自体は素晴らしい。ただ趣味嗜好は様々であるので、購入すべきかどうかは個々人で判断すべきものだと考えます。発売直後は特別割引価格で購入できる商品が多いことを鑑みると、商品が気になるのであれば、すぐさま購入すべきと言えるかもしれません。

「Hitomi.la」、「Nyaa」、などのサイトでDOWNLOADもしくは閲覧することができますか?

退魔士サヤ総集編』は「Hitomi.la」、「Nyaa」、などのサイトでtorrent,rarをDOWNLOADや閲覧はできません。もし可能であったとしても行うべきではありません。そのような行為は正しい創作活動をゆがめる行為です。ダウンロード販売されている場合は、公式から購入しましょう。

いくつかのコメント

当サイトはおすすめの同人作品情報をお届けします。同人エロゲーム、同人エロ漫画、同人エロCG、電子書籍。たまには同人ASMRも取り扱います。AI生成もジャンルを問わず掲載いたします。

本サイトは「Hitomi.la」、「Nyaa」、などのようなサイトを許容しておりません。違法アップロード、違法ダウンロードは犯罪です。良識をもって行動していただければと思います。

同人作品全般に対するコメント

コメントする