らびゅーいんぐ・がーる 鬼斬ゆにこーん

  • URLをコピーしました!

 sample image1

2024/03/25 00:00発売、鬼斬ゆにこーん制作の『らびゅーいんぐ・がーる【デジタル版】』の最新作品ダウンロード情報!!

評価:3.5

作品の概要

やわふわ系との熱烈イチャラブSEXが満載!

めちゃくちゃ可愛い元カノのことが忘れられず、合コンでも失敗続きのまさき。

ある日、飲み屋でその元カノの美咲と再会。●校生の時から髪を切り、ショートカットになっていた美咲は相変わらず可愛かった。二人で飲み直そうと誘われて待ち合わせに向かうと、ノーブラの胸を見せつけホテルの前で「ここ入ろう?」という美咲に連れられ、ラブホテルに入ってしまう。部屋でおちんちんを手でシコシコされて、足コキから騎乗位で乗っかる元カノにされるがままになってしまい…大学生のココロとカラダの葛藤を描いた「アオハル」

引き篭りの妹はエロ配信をして投げ銭を稼ぐ生活。あんまり過激な配信をするなよ、という兄の股間をまさぐりながら「エッチする相手はお兄ちゃんだけって決めてるし」とフェラチオしようとする妹に、セックスには兄も協力的だ。中出しした後の股間をぺろぺろと掃除しながら「絶対顔出さないからセックスを生配信していい?」と言い出した妹は、中断していたエロ配信をまた再開して生配信で、兄妹のセックスを見せつけてしまう……「らびゅーいんぐ◇」

大企業に勤める夫は毎日帰りが遅く、月一しかできない夜の夫婦生活に不満な巨乳人妻。

オナニーで自分を慰めていて大人のおもちゃを買ってしまう始末……ある日ラブグッズのイベント会に当選したことを知り、結局イベント会に行ってしまう。

会場にはラブグッズ制作会社の社員の男性が1人いてディルドを広げ、玩具を楽しめるようにしましょうと胸を揉みしだいてきて……玩具で弄ばれながらも、男性社員の股間を見て

「あなたのおちんちんがほしいです……」と言ってしまい……「欲求不満、により」

久しぶりに会った陸人、慎太郎、沙彩は幼馴染。ずっと大阪にいた沙彩の部屋で飲み直すことになり、酔っ払ってしまった慎太郎はそこで寝落ち…ふと気が付くと沙彩と陸人がセックスをしていて驚いてしまう。慎太郎が起きてることに気づいた二人は、3Pしようと言い出して…!?「恋に溺る」

「ぷに可愛」で「エロい」美女たちの本能剥き出し痴態を彩艶に描いた9作品を収録した、鬼斬ゆにこーんの2nd単行本、遂に発売◇

<収録作品>

「アオハル」

「らびゅーいんぐ◇」

「欲求不満、により」

「恋に溺る」

「あしんめとりー◇しすたーず」

「彼女はスイッチガール」

「ほんの少しの出来心から」

「僕の彼女のしずくちゃん」

「愛園さんと僕」

Fanza様より引用

作品詳細情報

作家鬼斬ゆにこーん
掲載誌・レーベル
富士美コミックス
出版社
辰巳出版
シリーズらびゅーいんぐ・がーる【デジタル版】
価格1,349円
ページ数
ジャンルアダルトコミック単行本,ギャル,人妻・主婦,中出し
配信開始日2024/03/25 00:00
ファイル容量
題材----

記載されている内容は記事作成時です。現在とは内容が異なる場合がございます。価格などの情報は特に変更されることが多いため、ご購入される場合はご注意ください。

作品以外のおすすめ同人作品

『らびゅーいんぐ・がーる【デジタル版】』を見た人はこちらの作品も楽しんでいます。

作品に関するその他の情報

らびゅーいんぐ・がーる【デジタル版】』は購入すべき作品ですか?

作品自体は素晴らしいと思います。しかし、趣味嗜好は様々であるので、購入すべきかどうかは個々人で判断すべきものだと考えます。発売直後は特別割引価格で購入できる商品が多いことを鑑みると、商品が気になるのであれば、すぐさま購入すべきと言えるかもしれません。

「Hitomi.la」、「Nyaa」などのサイトでDOWNLOADもしくは閲覧することができますか?

らびゅーいんぐ・がーる【デジタル版】』は「Hitomi.la」、「Nyaa」などのサイトでtorrent,rarをDOWNLOADや閲覧はできません。もし可能であったとしても行うべきではありません。そのような行為は正しい創作活動をゆがめる行為です。ダウンロード販売されている場合は、公式から購入しましょう。

当サイトはおすすめの同人作品情報をお届けします。同人エロゲーム、同人エロ漫画、同人エロCG、電子書籍。たまには同人ASMRも取り扱います。AI生成もジャンルを問わず掲載いたします。

本サイトは「Hitomi.la」、「Nyaa」、などのようなサイトを許容しておりません。違法アップロード、違法ダウンロードは犯罪です。良識をもって行動していただければと思います。

同人作品全般に対するコメント

コメントする